父の日商戦も大変そうです手作りの芳香剤で爽やか&涼しげに

2018年06月24日

衣装チェンジでブーケも変える?少し手を加えるのもありです

花嫁にブーケは必須ですが、何本持つかはそれぞれです。

衣装が2着なら2本と、衣装に合わせてオーダーする人。

衣装が2着だけど、ブーケは1本で兼用で持つ人。

挙式用、披露宴入場用、お色直し用と3本持つ人。

どれが正解というわけではなく、自分が持つ花嫁のイメージに合わせて、どう花嫁のスタイルを作り上げていくかによります。

衣装2着で2本にするか1本にするか迷っている方には、こういう提案もしています。

ブーケは1本で、お色直しの時に手直しをするというものです。

例えば、最初は白のドレスに合わせて白の花とグリーンでブーケを用意します。

IMG_4586r

お色直しで退場した後にブーケを預かり、カラードレスに合わせて色味のある花をプラスします。

IMG_4590r

少し手を加えるだけですが、かなり雰囲気が変わるのと、アシンメトリーなバランスが素敵です。

これをやるためには会場で待機が必要ですが、私は結婚式場の専属フラワーデザイナーで式場の敷地内に作業場があるので出来る技でもあります。

あとは形にもよります。

ブーケホルダーを使うキャスケードやオーバル、ラウンドブーケなどは、花をオアシスに挿すだけなので短い時間でもささっと作れます。

ただ、クラッチブーケは束ねてあるところを一旦ほどかないといけないので、手直しには向かないデザインです。

どこの式場でもできるとは限りませんが、こんなブーケもおすすめですよ!

mio7k at 00:06│Comments(0)

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
父の日商戦も大変そうです手作りの芳香剤で爽やか&涼しげに