2018年05月

2018年05月31日

梅雨時期の装花コーディネート

今日は全国的に雨の一日でした。

梅雨時期は昔はしとしと降り続く雨が当たり前でしたが、最近は一気に降って止んでを繰り返すような、激しい天気の移り変わりが当たり前のようになりつつある気がします。

原因はいろいろあるのでしょうが、気候も変化してきているのでしょうかね。

結婚式のある日はできれば晴れが一番望ましいのですが、お天気だけはどうにもできないのがつらいところです。

万が一雨だった場合でも、せめて装花を爽やかにコーディネートするなら、淡いブルートーンの組み合わせもおすすめです。


IMG_4504r

アイボリー系のバラに淡い紫のトルコキキョウ、水色のデルフィニウムにかすみ草などを合わせています。
涼しげな色のトーンが6月に咲く紫陽花の色にも似て、季節感も出せるのではないでしょうか。



あじさい ハイドランジア コットンキャンディー ピンク



鉢植え あじさい ブルー

6月は雨をイメージしてしまうから、逆にビタミンカラーなど明るい色を持ってくるのもありです。

そちらのコーディネートについては、また次の機会に。




mio7k at 18:22|PermalinkComments(0)

百合とかすみ草のラウンドブーケ

お花屋さんで年中売っていると、いつの季節の花なのかわからないものってありますよね。

百合は冠婚葬祭やお祝いのアレンジなどに必須なので年間通してありますが、季節としては6月が最盛期の花です。

年中見慣れてしまっているので百合で季節感を感じるのも難しいかもしれませんが、ガーデンウエディングや開放感のある会場での結婚式では、今からの季節に大輪の百合の花は清々しさを感じさせてくれます。

百合というとキャスケードブーケが王道ですが、かすみ草と合わせたラウンドブーケもかわいいです。


IMG_3475r



かすみ草のふわふわした印象が百合のエレガントさを中和してくれて、カジュアルスタイルの結婚式にも似合います。

カラードレスにも合わせたい場合は、持ち手のリボンをカラードレスに合わせた色にしてもポイントになっていいですよね。

実はかすみ草をすごく細かく挿してラウンドの形を出しているので、作るのに根気のいるブーケですがお気に入りのひとつです。



mio7k at 00:36|PermalinkComments(0)